引っ越しで大量の本を処分するなら!本をまとめて売る方法と断捨離のポイント

引っ越しするときの悩みのタネが大量の本をどうするかという問題。100冊200冊どころか500冊、1,000冊もの多すぎる本・漫画の扱いに困っている人もいるでしょう。

そのまま引越し先に持っていったとしても場所を取りますし、何より引っ越し時のダンボールの数がハンパなくて料金もかかります。

そこで大量の本をどうすればいいかいくつかアイデアをご紹介します!

いらない本は買取業者にまとめて売る!

あまり読まない本、読み返さないであろう本はまとめて買取業者に売ってしまったほうがいいです。思いもよらぬ高値で買い取ってくれることもままあります。

たとえば『ブックサプライ』の宅配買取などはインターネットから申込みができて、本を送るときの送料も業者が負担してくれます。

おまけにダンボールも5箱まで無料で送ってきてくれるので大量の本を処分するのに最適。

他にも本だけでなくCD・DVD、ゲームソフト、ゲーム機本体、携帯電話・スマホなど自宅に余ってるものをまとめて現金化できるので引っ越しの際には便利です。

手元に残して置きたいなら自炊してデータ化するのもあり

「自炊」というのは本をスキャンなどで読み取り電子データ化することを言います。

自炊してしまえばかさばりませんしパソコンでもスマホでも場所を限定せず読むことができます。

もちろん自炊にはいくつか専用機器が必要です。

○裁断機 1,500円~3,000円
○ドキュメントスキャナー 20,000円~40,000円

最低でも上記2つは必要になります。

また巷には「自炊の代行サービス」なるものが存在します。本を送ることでデータ化してくれて自炊データを納品してくれます。

自分で機材を用意しなくていいのと自炊する手間を短縮できるので便利ではあるのですが、著作権の絡みで「自炊の代行サービス」の利用は違法となっています。

Q8:自炊の代行サービスは適法?
A8:権利者から複製の許可を取らない限りは、違法でしょう。
解説:私的複製の範囲を規定する著作権法第30条1項を見ると、「『使用する者が』複製することができる」と書かれています。こうしたことから、自炊に限らず複製の代行サービスは、私的複製として許容されないというのが通説として定着しています(表【2】参照)。

参照:書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A

本の著者が自炊OKと言うことはまずないので利用してしまうと著作権侵害となります。

一方で自分で機材を買ってきて自炊をする分には私的複製とみなされる違法ではありません。

Q1:個人で電子書籍を「自炊」する行為は著作権法違反になるのでしょうか?
A1:個人的に使うためなら適法です。
解説:まず、自分の蔵書を裁断する行為については、(胸が痛むかはともかく)著作権法で問題になることはまずありません。

参照:書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A

ただまあ、何百冊もの大量の本を自力でスキャン・データ化するのはムリがあるのであまり現実的ではないかもしれません。

自炊のやり方はこちらを参照↓

一人暮らしの引っ越しではどのくらいの本まで持つ?

一人暮らしをされている方はどのくらい本を所有しているのでしょうか。とくにワンルームや1Kなどの単身者向けの間取りで生活するときに本がたくさんあると場所をとってしまいます。

周りの人の意見も気になったので集めてみました。

実家にも置いてもらってましたが
アパートには2千冊くらいはあったと思います

でも今なら今後買う本は
絶対電子書籍にしますね…

参照:Yahoo!知恵袋より

ガールズちゃんねる内の「家に本、何冊ありますか?」というスレッドからもいくつかピックアップします。

現在1000冊程です。
本棚2つで入らない分は段ボールで保管しています。

漫画本、小説、仕事柄で使うもの、ざっと合わせて2000冊くらいあります。

文庫本だけでも50冊はこすかな、トータルだと、200冊ぐらいかな?

引っ越しの度に大量に処分しちゃう
なので、引っ越し前は500冊くらい
引っ越し後は100冊くらいになるかなあ。
本棚にたくさん本が並んでいると満足感がある。

漫画が300冊文庫の小説が200冊ぐらいかな。

400冊ほどありましたが、スペースがもったいなく感じたので某片付けの本を読み、全て積み上げて量の多さを把握
半分ほどに減らしました

漫画も含めると1000冊くらいかな。
読み返さないのは処分するようにしてるけど増えていく。
冊数の多い漫画本はデジタルで買いなおしたいと思いつつ経済的に悩み中。

漫画は無し 小説などは100冊くらい
基本読んだら売ってしまいます
気に入っている本だけ残します

ピーク時には2~3千冊所有してましたが、震災を機にほぼ処分。
今は子供の絵本が百冊ぐらいと、大人向けが50冊ほど。

大人向けの本はリサイクルショップへ売るなり、捨てるなりして、増やさないよう気を付けてます。
子どもは同じものを繰り返し読むので、一定量は手元に置いてもいいかなと。

電子書籍は好きじゃないので、紙の本にこだわりながらも、身軽に暮らすのが理想です。

2~3000冊
この前ブックオフに売りに行った。
読み返したいと思う本だけ残そうと思う。
後1000冊以上は売りたい。

500冊くらいかな?もしかしたらもう少しあるかも。
本好きだけど、やっぱり置き場所に困って
どうしても手元に置いておきたい!ってもの以外は
ブックオフ行きになります~
壁一面くらいの、大きい本棚ほしい!

本を売るならブックオフよりも・・・

ちなみにブックオフに売りにいくよりもブックサプライのようなネット宅配買取を利用したほうが高く売れますよ。

本を売る=ブックオフと考えている人も多いようなのですがブックオフはけっこう買取金額が低めに設定されています。

こちらが証拠です↓

ブックオフの査定

ブックオフ公式サイト

ブックオフの買取の評判がよくないので、試しに漫画全巻セットを買取査定に出した結果・・・

2018年9月15日

ブックサプライの査定

ブックサプライ公式サイト

ブックサプライの査定結果がでた!漫画数十冊を依頼したわかった買取価格を公開

2018年10月10日

数百冊の大量の本となると店頭へ持っていくのすら大変です。そうなると店頭買取よりも宅配買取を利用したほうが断然便利です!

ブックサプライ公式サイト
ダンボール:5箱まで無料
送料:送料無料
査定スピード:約○日
振込スピード:2営業日

実際いくらくらいの査定額になるのか気になる方もいるでしょうから、まずはホームページ上からできるリアルタイムお試し査定を利用してみるといいと思います。

ブックサプライのリアルタイム査定

本に記載されているISBNコードを入力するだけで一瞬で買取金額を表示してくれますので。

本を捨てられないという人へ

断捨離をしたいけど本を中々捨てられない…。もったいないと思ってしまうという人もいるでしょう。

そんな人のためにアドバイスできるとしたら、【1年以上読んでいない本を捨てる】というルールを決めてしまうこと。

もしかしたら読むかもしれないから…と思って残しておくことが大量の本に埋もれてしまう一番の原因です。

別に1年という期間でなくても、3ヶ月、6ヶ月など自分にあったルールを決めてもいいと思います。大事なのは自分のもったいないという感情で判断しないこと。

ルールを決めて機械的に処理していけばもったいない思考も出てこないでちゃんと断捨離できますよ!

それでも捨てられない方には本好きな芸人として知られるカズレーザーさんの言葉をおくります。

また読み直したくなれば買い直せばいいんです!そして今度は紙の本じゃなくて電子書籍で買えば場所もとらないので安心です。

ぜひあなたなりのルールを作って本の断捨離をすすめていってください(^^)

大量の本を処分するならブックサプライ!

ブックサプライ公式サイト

送料無料 ダンボール無料 1点ごとの査定結果

手数料など一切無料で本・CD・DVD・ゲームなどをまとめて売ることができます。

査定結果や振込までのスピードも速いのですぐに現金化できるのも魅力的!

ダンボールが無料で貰えるので安心して利用できますよ。