ブックオフの買取は安すぎる?それでも利用する人が多いのはなぜ?

お家に読まなくなった本や漫画がたくさんあって、

状態も良いし全巻そろっていたりした場合、高く売れるんじゃないか?と考える人は多いはず。

実際に売ろうと考えた時、買取業者はたくさんありどこに頼もうかと思った時「本をうるなら〜」

という曲が脳内で流れたことはありませんか?

古すぎてそんなCM知らないという人もいるかもしれませんが、

この曲でお馴染みのブックオフを検索してみると買取価格が安すぎるというコメントが多く、

ここで売るのはちょっと…と躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、このようなネガティブな意見が多いわりにブックオフは利用者が多いのも事実です。

なぜ買取価格が安いのか、利用者は安さに負けずなぜブックオフを利用するのかについてご紹介します。

ブックオフで本を売ろうと考えている方はぜひ参考になさってください。

なぜ安いのか?

ブックオフの買取価格が安いのは本当です。

ブックオフで本を売ったところ、

だいたい1冊1〜5円くらいしか値段が付かないということがザラにあるようです。

ネガティブな意見が多いのも納得の低金額です。

ではなぜこれほどまでに買い取り金額が安いのでしょうか。

その理由としてブックオフは、大型店舗の家賃が高額だということ、

そして働く人数も多いので人件費がかかるということが一番に考えられます。

会社としては利益を上げるために安く買い取り、高く売ることを常に考えていますので、

ここのコストが安さに繋がるのは仕方がないこととしか言いようがありません。

また、お店がかかえる在庫によって、高く買い取ってもらえるものとそうでないものがあります。

売った本が運悪くブックオフが求めているものでなかった場合は安く買い取られてしまいます。

コストと在庫、この2点が合わさって1冊1円という悲惨な金額が叩き出されるのです。

売る側からすると全巻そろっている、

大量に売るから高く売れるはずだという期待感が大きかったり、

本を買った時の定価のイメージが強く1冊1円という値段をつけられた時には、

受け入れがたい気持ちになってしまうのは仕方のない事です。

ブックオフに売るくらいなら捨てた方がマシだという意見が出る気持ちも十分に理解できます。

そんな高く買い取ってもらうのが難しいブックオフですが、利用者が多いのも事実です。

1冊1円や10円の安さであっても、ブックオフが利用される秘密は、

いったいどこにあるのでしょうか。

買い取り方法が4つブックオフは買取方法が4パターンもあります。

・店頭販売

店頭に売りたいものをもって行き、査定してもらえます。

1点からでも受付OKで買取金額もその場で受け取れるとスピーディーに対応してくれます。

・宅配買取

売りたいものを箱につめて、宅配業者に渡すだけ。

段ボールが必要な場合は必要分が買えるそうです。

・出張買取センター

スタッフがお家に取りに来てくれ、段ボールも用意してくれるとのこと。

後日査定した金額を案内してくれる。事前予約が必要。

・店舗出張買取

スタッフが自宅に来て査定してくれる。

買取金額をその場で払ってくれるので特にイレギュラーがなければ、この1回で完結します。

近くにブックオフの店舗あった場合、売りに行って現金を手にして帰って来れます。

そして大量に売りたい場合は宅配や出張買取を選べば、

重い荷物をわざわざ運んで査定しに行く必要がありません。

これら充実したサービスが買取の安さの理由である人件費を生み出しているのでブックオフを

利用する人たちは買取額というより便利、楽だということを重視しているようです。

手間と時間がかからない

ブックオフより自分でメルカリやヤフオクで売る方が高く売れるという意見もあります。

確かに1冊1円で買い取られた場合、確実に自分で売った方が高く売れます。

しかし、売りたい本が100冊も200冊もあった場合、かかる手間と時間は計り知れません。

自分で売るとなった場合、まず売りたい本の相場を調べたり、出品するための商品撮影、

購入者とやり取りをして、梱包と発送までを1冊ずつ自分で行わななければなりません。

これを100冊やるとなると大変なことです。

ただ何事もなく売れればよいですが、

購入者の希望にそった品質でなかった場合やキャンセルの対応が必要になった場合は、

そこからまた購入者とのやり取りを続けなければなりません。

このややこしい、面倒くさいことをお店がやってくれるのであれば、

1円でも売れればいいかと考える人もいるわけです。

本のジャンル問をわない

 

ブックオフは本のジャンルを問わず、

買取をしてくれるようで(店舗が求めているものや会社の規定で買いとれないものもあるようなので確認がひ

つようですが)、専門書や趣味の本、漫画、雑誌などを混ぜて持っていっても受けつけてくれます。

買取業者によっては漫画不可など、受付も不可な所もあるので、

一度にいろんなジャンルを買取してくれるのは売る側からすると楽です。

 

ブックオフならではのキャンペーン

 

買い取り価格50%アップなどのキャンペーンを店舗ごとに行っているときがあり、

ネットなどで事前に調べて狙って行くと少しでも高く売ることが出来るのではないでしょうか。

また、アプリ会員に登録すると買取100円(税込)ごとに1ポイント貯めることができるので、

ポイ活されている方のリピーターが多く利用されています。(ポイントはキャンペーンの割り増し分は加算されないようなので、注意が必要です)

何でも売れる

ブックオフは本だけでなく、ブランド品や衣類、家具の買取までも対応しています。

特に家具などの大型のものは、急に転勤が決まり引っ越さないといけなくなった場合など、

買取価格の安さより短期間でなんとか引き取ってくれるところを探しているという人は利用を

検討されてみても良いはずです。

家具の場合は店頭買取のみで宅配はやっていませんので、

自分で持って行くという手間がかかってしまうのが残念なポイントです。

本を少しでも高く売りたい人は

ブックオフの場合は店舗家賃や人件費など、

買取安さの理由となっているところは削られるものではないので、

少しでも高く売りたい場合はインターネットを中心に行っていて

コストが抑えられている買取業者を選んでみてはいかがでしょうか。

専門書、趣味の本、アイドルやゲームなどのマニアに人気の本などそれぞれ、

力を入れている分野が違います。買取店の傾向に合わせて売ると、

高く売れる可能性はぐんと上がりますので、事前に調べて対策を練ってみることをおすすめします。

まとめ

ブックオフの買取金額が安いのは本当です。

高く売るというよりは時間と煩雑な作業や手間を省いて、

手っ取り早く売りたいという人に人気があります。

本を高く売りたい人はインターネット専門などの低コストの買取業者をおすすめします。

すぐに家を片付けたい、引っ越しするのに大量の本や家具を短期間で処分したい、

引き取ってもらいたいという人はブックオフを選択のひとつに入れてみてもいいのではないで
しょうか。

ブックオフを利用するかどうかは安さを取るか、時間と手間をとるか、

その人次第といえるでしょう。